Yahoo!ニュースへの記事掲載を目指すには

NEWSCAST運営事務局です。

今回は、月間ページビュー 約780億PVを誇る「Yahoo! JAPAN」内のコンテンツ『Yahoo!ニュース』へ記事が掲載されるまでの流れをご紹介します。
知名度の高い『Yahoo!ニュース』ですが、記事掲載は決して遠い道のりではありません。

Yahoo!ニュース: https://news.yahoo.co.jp/

トピックス

■幅広いユーザー、昼夜問わず利用されるポータルサイト「Yahoo! JAPAN」
■『Yahoo!ニュース』は主にニュース提供社からの情報を掲載している
■記事掲載を狙うには、ニュース提供社を知ること

まずは、「Yahoo! JAPAN」の特徴をご紹介します。

約780億PV、100以上のサービスを保有する「Yahoo! JAPAN」

出典元:Yahoo! JAPAN媒体資料 2020年3月16日 更新
     https://s.yimg.jp/images/listing/pdfs/yj_mediaguide.pdf

約9割のスマホユーザーが見ている

日本のスマートフォンユーザー(7,030万人)のうち、88%(6,180万人)がYahoo! JAPANへアクティブリーチしています。
月間平均ページビュー数:560億130万PV。
主婦層・経営層のユーザー数が多い傾向にあります。昼夜問わず利用され、移動中や隙間時間、自宅でくつろぎながらの利用が多い傾向があります。

勤務中はPCからのリーチが多い

日本のPCユーザー(3,040万人)のうち、68%(2,080万人)がYahoo! JAPANへアクティブリーチしています。
月間平均ページビュー数:206億8,490万PV。
ビジネス層・経営層のユーザー数が多い傾向にあり、ビジネス利用の中心である、平日の朝帯、昼~夕方帯に利用するユーザーが増える傾向があります。

主にニュース提供社からの情報を掲載している

Yahoo!ニュースに掲載されている情報は、ほぼニュース提供社から配信されたニュースで構成されています。
2020年5月13日時点で604社のニュース提供社がありました。
ニュース提供社が運営しているメディアに掲載されたニュースが、Yahoo!ニュースにも自動掲載されるという仕組みになっています。

Yahoo!ニュースに記事を提供しているニュース提供社
https://news.yahoo.co.jp/media
Yahoo!ニュースの仕組み
Yahoo!ニュースの仕組み

ニュース提供社が運営しているメディアを狙う

NEWSCASTでは、これらのニュース提供社が運営しているメディアにもニュースリリースを送ることができますので、各ニュース提供社に掲載されている情報の特徴などを把握し、そこに適切なニュースリリースを配信することで、結果的にYahoo!ニュースへの掲載(=転載)が見込めるのです。

※NEWSCASTから配信できないメディアもございます。

また、重要度や注目度が高くなることが予想されるニュースは、Yahoo!ニュースの編集部によってトップページの【主要】に最大13.5文字のタイトルにまとめられて掲載されることがあります。(約70件/1日)